Googleのミッション

検索はGoogleを中心に回っていることはご存じだと思いますが、ここで一緒に、Googleの理想、そして目標地点を想像してみましょう(サイト運営側の立場で、Googleの身になって考えてみてください)。Googleが求めるもの、それは、他社よりも多くの人から度持を得られ忍索エンジ社であるという、純粋にこのl点だけなのです。なぜなら、検索エンジンは「広告収入」で成り立っているからです。

検索エンジンの中で、Googleの検索エンジンが優れていることが世間から認められ、かつほかよりも多く利用されること。これが目的です。そして、最も多く利用されるためには、絶大な支持と信用が必要です。つまり、検索エンジンの質において、ほかのどこよりも優れている必要があります。

そして、何をもって検索エンジンの質かというと、SEO業者や専門家が独自に考案したものではなく、今度は利用者の回線で考えることが求められているのです。そこには、「なんとなくよさそうな」という不明瞭な質というものは存在しません。実際には、人間の手で作られた明瞭なアルゴリズムの仁で評価されるからです。つまり、次のような図式になっています。

霧がかかっている検索順位の査定基準の「輪郭」をできるだけクリアにすることが、上位表示への近道となります。どこかの優れた権威者の意見をもとに独断で決定するのではなく、大多数(ユーザー)の意見を結集したものが基準となるのです。