admin のすべての投稿

記載は簡潔に情報は豊富に

これからのWebライティングとして、検索ロボットと検索ユーザーの両方を考えた文章作成術がSEO(検索エンジン最適化)対策からも求められてきます。では具体的にどのようにしていけばいいのか説明したいと思います。最初に考えなくてはいけないのが、想定するテーマに見合ったキーワード選びです。事前に検索数を調査して検索数が多いものを候補に挙げておきます。メインとなるキーワードを決めたらそれに関連する言葉がコンテンツの各ページに配分できるような構成案を作ります。基本的に1ぺージ1テーマを目指してください。読み手にわかりやすい構成に仕上がります。各テーマは、1000~1500文字程度に収まるよう工夫するといいでしょう。同じ意味に解されるキーワードの多用は避けましょう。これは、pタグ内でも同様です。くどくどとした文章・文節は、ユーザーにとっても読みづらいものです。できるだけ簡潔を旨とし、文字数を減らした分、さらなる情報が盛り込めればユーザーにとっても有難いコンテンツと映り、検索ロボットには価値のあるWebサイトと判断されるでしょう。その他、二重否定となるような語尾の使い方は避けます。例えば、「~でないとは思いません」といった言い回しは、「~です」と端的に記載した方が文章が引き締まっていいでしょう。そのほか、全体的に見て不要と思えたら削除するという思い切りも場合によっては大切です。また、言葉が繰り返されるようなところは代名詞などを有効に活用するよう心掛けましょう。そのようにしていけば、最終的に読み手の目には読みやすくわかりやすい文章と映ってくるでしょう。

CD向上に努める

お客様に満足してもらえるということを目標にしている企業も少なくないと思います。このカスタマーサティスファクション(CS)と呼ばれる顧客満足度の向上は、どの企業も大切にしているでしょう。CSは、不満や不便さを解消することを目的とされていましたが、サービスは年々クオリティが上がっており、お客様の求める満足のレベルも上がっていることが現状です。単純に「問題が起こらないから良い商品(サービス)である」とは言い切れなくなっている時代とも言えるでしょう。そこで出てきたのが、カスタマーディライト(CD)と呼ばれるものです。これはCustomer Delghitの頭文字となっており、今までの顧客満足であったCSよりもさらにハイレベルな水準を満たすものとなっています。期待よりも上の製品、ハイレベルなサービスの提供などを行うことを目的としており、お客様に感動や歓びを与えます。CDの上げ方に正解はありませんが、お客様の期待していることを満たすということが基本になります。そのためにはお客様とコミュニケーションを取る必要もありますし、アンケートを取ってどんなことを求められているかを把握する必要があります。付加価値の付け方は企業によってもさまざまであり、これはWeb製作においても同じです。今まではただ情報を伝えるだけのホームページでも問題はありませんでしたが、競合他社も増えて全体レベルが上がっていると言える状態です。その中で、いかにお客様に満足してもらえるのか、感動してもらえるのかという部分を考えてホームページ作りを行いましょう。マーケティング方法は日々進化しているため、一度ホームページを作ったら終わりとするのではなく、どれだけの創意工夫ができるのかを考えていきましょう。

事業の存続の中に

皆さんがウェブサイトを運営する中で、お客様が商品を購入してくれることが、売上につながり、さらには、利益となってくるはずです。お客様をウェブサイトまでお招きし、商品を購入していただき、アフターフォローするこの繰り返しで、お客様をリピーターとして、繰り返し商品の購入を促す、というような流れになってくるのですが、このようなコンバージョンの成果を、繰り返すことで、皆さんのウェブサイト運営は、実質コンバージョン率を上げる、単なる広告なのだというような観点に行き着いてしまうと、そこで 、燃え尽きてしまう人たちがいるようです。このような繰り返しを、直線的に行うことが、皆さんの事業が、これからも存続していくことのベースとなってくるでしょう。ある程度のコンバージョン率が達成できてしまうと、そこで、燃え尽きてしまう人達は、事業を継続していく意味を見失ってしまうこともあるようです。皆さんの利益を生み出すウェブサイト運営の中に、何かしら存続の意味を考えてみることも良いかもしれませんね。

運営理念とモチベーション

皆さんが運営されている Web サイトの中には、運営理念として、社会貢献をする、もしくは、社会に役立つなどといったような事柄が含まれているでしょうか?マーケティングとは、社会貢献であるなどとも言う人もいるようです。実際には、人々の役に立つからこそ、企業や事業主として世の中に、存在し得るというような考えが基盤となっているようです。 Web マーケティングに関しても、お客様のニーズに応えることが、何よりも重要であるというような考えが、基盤となってきますが、 SEO などの対策の中でも、お客様の欲するものを探っていくというような情報の読み取りが、重要となってきます。そのような中で、お客様の声に応えられるような、ウェブサイトコンテンツづくりが、行われることによって、社会的に役立つ価値のあるウェブサイトの構築につながってくるようです。このようなことを改めて、言葉にしてみると、とても歯が良いようなことに感じるかもしれませんが、実質は、このようなシンプルな事柄が、皆さんのウェブサイトには、求められているのです。売上をあげること、コンバージョン率を高めることなどが、ウェブサイトの存在意義のようにも感じられますが、何よりも、ウェブサイトの評価を受けることや、価値が見出されることに関しては、社会のお役に立てることが、重要視されてくるのだというような理念を掲げることが何よりもモチベーションにつながるかもしれません。

他人に好かれる性格が重要である理由

AIに仕事を奪われる現在、どの業界でもサラリーマンは必死にスキルを磨いたり、経験を積み上げたりしています。それは、いつ訪れるとも分からないリストラを恐れての行動です。しかし筆者はこうした努力が無駄とは言わないまでも、効果が半減する時代が来ると予想しています。どういうことかを説明するために、まずサラリーマンではない方々の世界の仕事についてお話しします。例えばテレビタレントが働く世界を見て下さい。彼らは能力が無ければ仕事にありつけないのはもちろんのこと、コネクションが不足していても仕事を回してもらえません。視聴者は気付いていないでしょうが、タレントは大御所と呼ばれる人に好かれるために、必死の努力を重ねています。裏を返せば、能力が抜きん出ているタレントよりも、大御所に好かれるタレントの方が、テレビ番組等に出演できる可能性が高いのです。さて、このようなタレントの世界が、将来は一般企業でも見られるようになると考えます。タレントが大御所に気に入られようと行動するのは、貰える仕事の数が少ないからです。つまり一般企業でも仕事の数が減れば、社員同士の競争が激化し、アピールする行動が増加するはずです。最初に述べた通り、そのアピールの仕方はこれまで、自分の能力や経験を誇示するのが中心でした。しかし今後はAIの導入でこれまで以上に競争率が高くなり、タレントの世界と同様の奪い合いが起こるはずです。そうなると、能力のアピールに加え、人間力を評価してもらうことが大切になります。簡単に言えば、上司に好かれることが優先事項になるのです。実際、外資系企業では、チーム単位で動くことが多く、メンバーは皆リーダーのお気に入りで占められています。リーダーがどこかに異動すると、メンバー全員が付いていくことも珍しくありません。

人気サイトの秘策

人気サイトには、人々が訪れたいと思うような魅力的なコンテンツが、豊富に詰め込まれているなどとも言われています。人気サイトから、その製作や、運営などのノウハウを学ぶことも、魅力的なサイトを作り上げるには大切な参考となるでしょう。人気サイトの構築には、仮説・実践・検証などといったような、様々なテクニックや、リサーチが重要となってきます。SEO の上位表示によって、訪れたお客様が、自然と足を踏み入れてしまったといったような、サイト側の営業としての圧力を感じさせないのも、人気サイトとての運営の秘訣でもあるようです。人気サイトは、様々なヒントの宝庫ともいえるでしょう。どうして人々はこのサイトに惹きつけられるのだろうか・・といったような法則やルールを見つけることで、皆さんのサイトを運営にも、活かされてくるのではないでしょうか。まずは、人気サイトの中の気になる発想や、着眼点をみつけてみてください。きっと多くの人々も皆さんと、同じような観点を持ったはずです。

モバイルフレンドリーSEOと多様化するデバイス

これからの将来を見据えたSEO対策として、モバイルフレンドリーなWebサイトへのSEO対策の必要性が求められる中、検索エンジンの検索数を追ってみますと様々なユーザーの動きが見えてきます。今後のSEO対策の中では、モバイルフレンドリーな対策が重要視されてはいますが、実際の検索数は、年々伸びる一方で、パソコンによる検索数も激減しているような状況ではなく、単にスマートフォンやモバイル端末のを所有するユーザーが、増えている事がモバイルフレンドリー対策を生み出しているようなのです。実際に、ユーザーの動きを読み取ってみますと、まず、スマートフォンなどのモバイル端末で、商品情報を検索し情報を一旦集めてから、パソコンで情報を再確認したりしながら、そのまま購入に至ったりしているそうです。もちろん情報だけをモバイル端末やパソコンから検索し、詳細な情報を集めた上で、リアルなショップに足を運び、実物を確認したところで、はじめて商品を購入するユーザーたちもいるそうです。このようなデータ上から、実際のユーザーたちの動きの中では、モバイル端末とパソコンの使い分けを行っている人々がみられるようです。近年、スマートフォンの使用率が増加した事から、モバイルフレンドリーなSEO対策も求められてはいますが、パソコンを使用するユーザー向けの対策も引き続き重要であるといったデータが出されているようなのです。今後、実際に新たにスマートフォンに代わる端末の登場も考えられなくはありません。時代や世の中の流れ、人々の動きなど、社会の動向の全体を通した流れの筋を読み取る事で、SEO対策に関する対応も形作られているようです。サイト運営も単純化されるというよりは、今後よりいっそう複雑な対応が求められるようになるかもしれません。多様化するデバイスの変化やユーザーたちのその使い分けには、テレビのチャンネルを変えるように、多様に変化するユーザーたちの生活シーンを見せられているような気分にもなりなります。

ヘッターエリアのレイアウト

【ロゴの配置】
ここで言う口ゴとは、企業口ゴや店舗のロゴ、ブランドのロゴのことです。
口ゴをヘッダーエリアに配置するのは、定番とも言えるレイアウトになります。
目新しさや個性を表現することが難しいのですが、一般的に浸透しているヘッダーエリアに置くほうが、確実に自に留まります。

【サイトマップのリンクを配置】
サイトマップへの誘導リンクテキストは、ヘッダーエリアにあると存在が認識しやすいです。SEO対策に関係なく、アクセシビリティの観点からペ ージ上部への配置をお勧めします。
ちょっとした気遣いなのですが、Webサイト全体の構造を把握 してから、目的のぺージを見たいという来訪者や、 Webサイト内で迷子になってしまった来訪者が、サイトマップで目的のページを確認できるというメリッ 卜もあります。
ヘッダーエリアの余白が空いてしまって、デザイン的に寂しい時に、余白(空白)を埋める要素として使うのもよいでしょう。

【お問い合わせ、買い物カゴへのリンクを配置】
来訪者が「問い合わせがしたい!」や 「買い物カゴの中身が見たい!」と思った時に、問い合わせや買い物カゴ へのリンクが、全ページ同じ場所に配置されていれば、思った瞬間にアクセスができます。
メニューの下やメインコンテンツエリアの最下部などの問い合わせや買い物カゴへのリンクと併用して配置するこ とで、より使いやすいページになります。

重複コンテンツ

重複コンテンツとは、ページのURLが異なるにも関わらず、タイ トル (title)や description、テキ スト文章等のコンテンツが、他ページと完全に 同じであるか、ほほ同じの重複状態であるコンテンツのことです。少なくとも 、どこかの一部分が異なるだけでは、重複としてみなされる可能性は高くなります 。

なぜ、重複だと問題なのか

例えば、とある検索を行った結果、同じような内容ばかりが上位の検索 結果を占領していては、ユーザーにとって良いものではありません。無駄 にクリックしてしまうその手間だけが発生してしまい、情報の価値を見出 せなくなります 。このことから 、同じ内容のページは複数存在する必要性はなく、中でも最 も重要だと判断されたページのみが検索結果に表示されることとなります。

このように 、検索して閲覧する価値が評価されます。そして、重複コンテ ンツを避けることで上位表示に対する重しを避けることができます。逆に、多様性や独自性を求められているとも 言 えます 。

インデックスサーバーとフロントエンドサーバー

①インデックスを作成するインデックスサーバー
インデックスサーバーは、リポジトリに保存されたウェブサイトの情報(全ての単語、単語が書かれている場所、 titleタグや alt属性など)を抜き出し、「重要な単語」と「URL」を関連付けて登録を行っています。これを「インデックスの作成」と呼びます。重要な単語とは、全ての単語の中で、出現頻度や書かれている場所などを元にして Googleが最も重要なキーワードとして認識している単語のことを言います。そして、重要な単語と、あなたのウェブペ ジのURLが関連付けして登録されていれば、SEOは問題ありません。しかし、あなたが目標キーワードとして認識して欲しい単語と、 Google が認識した重要な単語が異なるケースがあるのです。これでは、いつまで経っても目標キーワードでは検索されません。 このインデックスサーバーに目標キーワードを正しく認識させることが、SEO では欠かせない作業になります。

②検索結果を表示する「フロントエンドサーバー」
検索順位のランキングを決めているのが、フロントエンドサーバーです。ユーザーが入力した検索語(クエリ)に対して関連するウェブページの一覧を表示しています。
日本では、「https://www.google.co.jp/」でつながるサーバーが、 Googleのフロントエンドサーパーです。2012年4月に実施されたPenguin(ペンギンアッ プデート)、同年7月lこ実施されたPanda(パンダアップデート)と呼ばれる検索アルゴリズムの変更は、このフロントエンドサーバーで行われています。