記載は簡潔に情報は豊富に

これからのWebライティングとして、検索ロボットと検索ユーザーの両方を考えた文章作成術がSEO(検索エンジン最適化)対策からも求められてきます。では具体的にどのようにしていけばいいのか説明したいと思います。最初に考えなくてはいけないのが、想定するテーマに見合ったキーワード選びです。事前に検索数を調査して検索数が多いものを候補に挙げておきます。メインとなるキーワードを決めたらそれに関連する言葉がコンテンツの各ページに配分できるような構成案を作ります。基本的に1ぺージ1テーマを目指してください。読み手にわかりやすい構成に仕上がります。各テーマは、1000~1500文字程度に収まるよう工夫するといいでしょう。同じ意味に解されるキーワードの多用は避けましょう。これは、pタグ内でも同様です。くどくどとした文章・文節は、ユーザーにとっても読みづらいものです。できるだけ簡潔を旨とし、文字数を減らした分、さらなる情報が盛り込めればユーザーにとっても有難いコンテンツと映り、検索ロボットには価値のあるWebサイトと判断されるでしょう。その他、二重否定となるような語尾の使い方は避けます。例えば、「~でないとは思いません」といった言い回しは、「~です」と端的に記載した方が文章が引き締まっていいでしょう。そのほか、全体的に見て不要と思えたら削除するという思い切りも場合によっては大切です。また、言葉が繰り返されるようなところは代名詞などを有効に活用するよう心掛けましょう。そのようにしていけば、最終的に読み手の目には読みやすくわかりやすい文章と映ってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です