CD向上に努める

お客様に満足してもらえるということを目標にしている企業も少なくないと思います。このカスタマーサティスファクション(CS)と呼ばれる顧客満足度の向上は、どの企業も大切にしているでしょう。CSは、不満や不便さを解消することを目的とされていましたが、サービスは年々クオリティが上がっており、お客様の求める満足のレベルも上がっていることが現状です。単純に「問題が起こらないから良い商品(サービス)である」とは言い切れなくなっている時代とも言えるでしょう。そこで出てきたのが、カスタマーディライト(CD)と呼ばれるものです。これはCustomer Delghitの頭文字となっており、今までの顧客満足であったCSよりもさらにハイレベルな水準を満たすものとなっています。期待よりも上の製品、ハイレベルなサービスの提供などを行うことを目的としており、お客様に感動や歓びを与えます。CDの上げ方に正解はありませんが、お客様の期待していることを満たすということが基本になります。そのためにはお客様とコミュニケーションを取る必要もありますし、アンケートを取ってどんなことを求められているかを把握する必要があります。付加価値の付け方は企業によってもさまざまであり、これはWeb製作においても同じです。今まではただ情報を伝えるだけのホームページでも問題はありませんでしたが、競合他社も増えて全体レベルが上がっていると言える状態です。その中で、いかにお客様に満足してもらえるのか、感動してもらえるのかという部分を考えてホームページ作りを行いましょう。マーケティング方法は日々進化しているため、一度ホームページを作ったら終わりとするのではなく、どれだけの創意工夫ができるのかを考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です