モバイルフレンドリーSEOと多様化するデバイス

これからの将来を見据えたSEO対策として、モバイルフレンドリーなWebサイトへのSEO対策の必要性が求められる中、検索エンジンの検索数を追ってみますと様々なユーザーの動きが見えてきます。今後のSEO対策の中では、モバイルフレンドリーな対策が重要視されてはいますが、実際の検索数は、年々伸びる一方で、パソコンによる検索数も激減しているような状況ではなく、単にスマートフォンやモバイル端末のを所有するユーザーが、増えている事がモバイルフレンドリー対策を生み出しているようなのです。実際に、ユーザーの動きを読み取ってみますと、まず、スマートフォンなどのモバイル端末で、商品情報を検索し情報を一旦集めてから、パソコンで情報を再確認したりしながら、そのまま購入に至ったりしているそうです。もちろん情報だけをモバイル端末やパソコンから検索し、詳細な情報を集めた上で、リアルなショップに足を運び、実物を確認したところで、はじめて商品を購入するユーザーたちもいるそうです。このようなデータ上から、実際のユーザーたちの動きの中では、モバイル端末とパソコンの使い分けを行っている人々がみられるようです。近年、スマートフォンの使用率が増加した事から、モバイルフレンドリーなSEO対策も求められてはいますが、パソコンを使用するユーザー向けの対策も引き続き重要であるといったデータが出されているようなのです。今後、実際に新たにスマートフォンに代わる端末の登場も考えられなくはありません。時代や世の中の流れ、人々の動きなど、社会の動向の全体を通した流れの筋を読み取る事で、SEO対策に関する対応も形作られているようです。サイト運営も単純化されるというよりは、今後よりいっそう複雑な対応が求められるようになるかもしれません。多様化するデバイスの変化やユーザーたちのその使い分けには、テレビのチャンネルを変えるように、多様に変化するユーザーたちの生活シーンを見せられているような気分にもなりなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です