情報格差を生むサイトを制作しない

レスポンジブWebデザインが増加してしいる

それぞれのサイトの特徴を把握したととろで、この観点からさらに深くスマホ用サイトの制作手法の解説と、それらの比較を行っていきます。モバイル時代を見据えてか、最近ではレスポンシブ、Webデザインが増えてきています。

これには、1URL・ワンソースによる利点が大きく関わっていることも、決して見逃すことはできません。デバイスにより多少見え方が異なっていたとしても、1 URL・ワンソースであることから、人間も検索エンジンも一切迷うことがないため、さまざまな利点を生むのです。

「情報の差を生まない」ことが最重要

レスポンシフ、、Webデザインは、cssで見せ方を変えているだけなので、どのデバイスで見ても原則的に情報は同じです。Googleが推簿する理由はここにもあるのです。「PC用だから」「スマートフォン用だから」と、情報に差異が発生してよいはずがありません。

Webサイト運営側の視点でも、いま一度考えてみてください。PCやスマートフォンなど、デバイスによって情報に差をつけてよいのでしょうか?たとえば一方のデ、バイスに対する内容が不十分であった場合、サイトに情報が不足しているがゆえに、大きなチャンスを失ってしまうかもしれません。また、運営者側のみならず、ユーザー側の身になって考えても、大変失礼なことです。運営側が顧客を選んでしまうことで、事業の浮沈を大きく左右するケースもあることを忘れてはいけません。