レスポンシブWebデザイン

レス示ジジブWebデザインは、Googleが推奨する制作手掛で、画面サイズに応じて見せ方(表示)を変更する制作手法です。URL、HTMLともに「変更なし」となっています。つまりは、PCかタブレットかモバイルかなどの閲覧者の環境に左右されず、情報も含めてすべて同ーのWebサイトとすることができるため、ユーザーにも検索エンジンにも理解しやすいのです。筆者もおすすめするのが、このレスポンシブWebデザインです。

その理由としては、スマートフォン、PCユーザーのどちらに対しても、平等に情報を提供すべきであり、その観点において、問題なくサイト制作や運営ができるからです。スマートフォンの台頭も背景にありますが、PCユーザーを決しておざなりにするわけにはいきません。ほかの手法だと、更新などの際に、2つ同時に作成する手間や、情報を同一にしなければいけない確認作業も発生することから、制作側が大きな負担を強いられる可能性をはらんでいます。たとえるなら、多くの地雷を避けながら目的地に向かっていくようなものであり、更新時の手間や留意点が格段に増えていくことになるでしょう。

なお、情報が同一で、適切な施策を行うのであれば、上記のいずれの施策かによって順位に差がつくものではありません。